東洋医学な毎日 女性と子供の為の野の花鍼灸院
Page: 1/1   
シワの話し

美魔女ブームで昨今の女性たちは、皆、若い!
でも・・・、女性ゆえ、鏡を覗くと気になるのがシワ・・・。
赤ちゃんのモチフワっとした肌がうらやましくなります。

そんなモチフワに必要なもの
ー舛領匹ざ敍(顔なら表情筋プラス頭の筋肉)

皮膚の下と筋肉の間にある柔らかくて弾力のあるコラーゲンのクッション

生きた皮膚の上に乗っかる死んだ細胞、すなわち角質の量と水と油

これらがどうなると、シワになるの?
_知陲篁箸錣覆い閥敍は痩せる(痩せたいのは他の所なんだけどぉ)。
 やはり加齢などにより、余った皮膚は縮まずにたるむ。

▲ッションの劣化で硬くなったり、再生能力が落ちて薄くなったり。
 やはり皮膚がたるむ。

3兌舛蓮∋爐鵑精挧Δ任垢、実は、適量必要です。
 これが無くなると菌を侵入させないバリア力が低下し、トラブルが起きやすくなります。
 しかし、代謝が落ちて、必要量を超えると肌はくすみますし、くっきりジワの
 原因にもなります。
 適量の角質の間に水を貯め、油でフタをすると万全です。
 油が少なければ、水は蒸発しやすくなる、すなわち乾燥しやすくなり、
 やはり肌トラブルは増えます。
 多すぎれば、テカテカ。これも違う意味でちょっと、イヤ。

では、どうしたら良いでしょう?
ゞ撻肇譬いろんなへん顔してみましょう。
       又、目玉の筋トレも忘れずに。 上下左右。遠い所と近い所のピンとあわせ。
       老眼予防にもなります。

▲灰蕁璽殴鵑蓮飲んだり食べたり、肌に塗っても、実は、一番欲しい所には直接は
 届かないというのは、医学界では当たり前の常識なんです。
 口から入ったものは、一度、消化し吸収され、自分の力で改めてつくられるのです。
 なので、遠回りなようですが、胃腸の状態をよくすること(便秘解消や、
 適度な運動やリラックスタイムなど)が重要なんです。
 もちろん、原材料が無ければ作れないのですから、原材料としての飲食は必要ですね。

 又、皮膚に塗るものも表層であって、中にあるコラーゲン層にまでは到達しません。
 但し、表面上にプルプルしたもので覆う形になりますので、見た目には
 ツルツルになります。

H乕罎寮犬泙貶僂錣襯汽ぅルが加齢により遅くなって角質層が厚くなるからといって
 ごしごしこするのはよくないようです。やさしくしてね。
 又、水や油も減りがち。 しっかり足してあげないと。

 わたしは、油類にアレルギーがあるので、美容液やクリーム、ファンデーション
 といったものが使えません。
 私の使っている化粧水は、酸性度が高く(レモンが主成分)、大人の肌には
 良いみたい。 患者さんによく「お肌、きれいですね。」とほめて頂いてます。
 もちろん、たまにちょいと魔法(鍼です。)をかけるんですけど。

いろいろ書いてきましたが、
ファンデの塗れない私は、結構、そばかすやくまなんかもあるのですが、
幸いなことに余りシワはなく、他人はパッと見た印象で人の顔を記憶する為、
パッと見さえ良ければ、本人が気にするほど、実は他人は、細かい
しみやしわなんかに注目しないものなんですよね。
顔を突き合わせるくらい近くに座って、誰かとお茶するなら、ちょっと暗い
お店にするとか(笑)。

患者さんとお話する時、よく言うのが、「せっかくだから中からきれいにしよう。」
ということ。
外側から一生懸命やっても、夜更かししたり、便秘だったりしたら、
どうなんだろう。
それに身体が良い状態になると、運動も楽しくなるし。
いろいろ挑戦してみたくなる。
レッツトライ!!

| nonohana-sq | 19:29 | comments(0) | - |
美顔ばり−美容における鍼灸の可能性
私は、敏感肌の為、化粧品には苦労してきました悲しい
((東洋医学的に「」(東洋医学的な「」なので、西洋医学的な「」とはイコールではない。)の弱い人は、皮膚が弱く、背中中央の産毛が濃い、風邪をひきやすいなど有り、小児喘息に乾布摩擦や水泳水泳を勧めるのも「皮膚・粘膜」を鍛えることで、「」が丈夫になるというものです。))

ファンデーションや美容液など、オイル系は、ほとんどだめですどんっ
何度、期待を裏切られて、皮膚科通いしたことか・・・[:がく〜:]。
なので、化粧水・水溶きアイライン・眉墨ぺん・メンソレータムリップ・リップペンのみ。(実はリップ関係も全滅。マシなのを使っている程度。)

でも、やっぱり、いろいろ、気になるわけです。一応、女なので。
そこで、でなんとかならないか、と思い、自分でやってみたんです。
自分で鏡を見ながらやるので、置鍼(刺してしばらく置いておく)は、やりにくく、チョンチョン当てる感じでやってみました。そしたら、くすみが薄らいで、顔色のトーンが明るくなったんですね。(やったー、鍼灸師で良かったって瞬間おはな)

「先生、どうしてそんなに肌がきれいなのっ?」って、患者さんに見破られて。
「実は・・・。」ってお話ししたら、「私もやりたい!」って。
ということで、野の花鍼灸院でもやることにしました。
深く刺さないので、出血もまず無いし(今の所、顔から出血した人はいない。)、痛くないどころか、むしろ気持ちよいので、グーグー猫2zzz寝てしまう方もいるくらい。

でも、誤解しないで頂きたいのは、東洋医学では、あくまで、全てバランスの問題。顔だけ、セッセセッセとやっても、ひどい冷え性・便秘症など問題があれば、その瞬間のみ良くても、元の黙阿弥になってしまいます。
なので、必ず、全身の状態をチェックしつつ、おこなっていきます。

アレルギー性鼻炎・花粉症・頭痛の方も顔に鍼をするので一石二鳥のところもあります。
鼻炎だと鼻周りが浮腫んでいますので、このむくみをとると、鼻筋が通って見えるようになりますね。

「友達に、どうしたの?なんか若返ったね。って言われちゃった」っておっしゃる患者さんの満面な笑みを拝見して、とてもうれしかったですね。
最初は、「美容の鍼」をなりわいとすることに抵抗があったのですが、女性にとって、「若さ」とか「美」がいかに重要で、「人生の質」に関わり、どれだけ「楽しい毎日」に影響するか、患者さんが教えてくれました王冠2

私のように、オイルがだめ、マッサージが苦手な方花粉症、便秘の方々なども、お待ち致しております。お気軽にどうぞさくらんぼ
| nonohana-sq | 18:00 | comments(2) | - |