東洋医学な毎日 女性と子供の為の野の花鍼灸院
Entry: main  << >>
高津漢方堂でお勉強会 「小児はりってどんなもの?知りた〜い。」

JUGEMテーマ:健康

火曜に診療している、新横浜のオルタ漢方堂の姉妹店「高津漢方堂」が、

田園都市線「宮崎台」にあります。

こちらの方々も健康に関して、とても勉強熱心。

 

今日は、特に「子供の身体」、「小児はり」について

いろいろ知りたい〜、ということで、僭越ながら

講義のご依頼承りました。

事前にたくさんのご質問を寄せて頂きました。

 

そのひとつには、

「おねしょに鍼灸が効果的だが、何故なのか?」

 

おしっこは、社長である「脳」、支社長である腰仙髄、工場長である膀胱

この3者が連携プレーすることで成り立つわけですが、

ひとつには、それぞれの発達のばらつきや遺伝もあるのです。

が、最近の傾向を見ていると、運動不足で頭ばかり興奮し、

明け方近くになって、ようやく深い眠りになっている、というのが

大きな要因ではと感じています。

 

小児はりは、東洋医学でいう所の「気血」の巡りを良くします。

西洋医学的に検証すると、血流がアップし、自律神経が安定し、

免疫細胞が活性されるのが証明されています。

つまり、「鍼の刺激」を子供たちの身体はうまく利用し、

成長を促していくのです。

 

子どもの力ってすごい!

 

熱く熱く、お話ししてたらあっという間にタイムオーバーに!

 

こういうお話しするの、すごく楽しい!

ご依頼あると、どこでも行っちゃう。

地球の裏側でも行きますよ〜。

 

 

| nonohana-sq | 18:24 | comments(0) | - |
Comment